ブラウニーの気まぐれSHOPリンク

カードを買うならトレトク!!

トレトクのヴィンテージカード集
黒枠Mox Sapphire
黒枠Mox Emerald


自己アフィリエイトでシングルカード代を稼ごう!!

2008年9月23日火曜日

新たなデッキ妄想中


新しいデッキを構築中、いろんな妄想が頭の中を駆け巡る。
本日の注目カードは「幻色染め」。
しもべ達との相性がいいんじゃなかろうか。
萎れ葉のしもべの緑を白に変換すれば、白ウィニーのクリーチャーどもが+2/+2。
迎え火のしもべの赤を白に変換すれば、白ウィニーで呪文を唱えるだけで稲妻のらせん。
死を運ぶ者のしもべの黒を白に変化すれば、白ウィニーで呪文を唱えるだけでクリーチャー除去呪文。
これって強くない??
白ウィニー主体ならブレンタンの炉の世話人の効果や、ヴェクの聖騎士のプロテクションなんかも書き換えられる。
うーむ、新時代の色は決まりそうである。

2008年9月21日日曜日

ありがとー!!

本日は秋葉原にて狂戦士杯に参加してきました。
参加者10人、少な!!
今回の大会で時のらせんブロックとはお別れ。
有終の美を飾りたい!!
いざ出陣じゃ!!

1戦目:赤バーン 2−0
1セット目、稲妻の天使が大空を舞い相手をフルボッコ。
2セット目、ブリン・アーゴルの白鳥に最下層民で勝ち。

2セット目:赤バーンwwww 1−2
1セット目、稲妻の天使がセラの報復者を引き連れて空中戦を制圧!!
亜神は糾弾でお帰りいただきました。
2セット目以降、全て後手にまわり速攻で殺される(笑)。
サルタリーに最下層民つけるも、しっかりと硫黄の精霊で対応される。

3セット目:赤黒青トークンズ 2−0
1セット目、苦花はられ、空を制圧されそうなところに稲妻の天使、白鳥、セラの報復者の登場。一気に押し返して勝利。
2セット目:稲妻の天使が2体のセラの報復者を引き連れて華麗に空中戦を制して勝ち!!

ここで全勝者1人となり、終了。
結果は10人中3位。
見事勝ち越しを決め、3パックゲット。
なかなか見事な活躍でした、うちの飛行隊。

これでこのデッキともお別れ。
最初にこのデッキの原型を作ったのは去年の9月。
あれからもう一年。
いろんな思い出が蘇ります。
初参加の大会ではロクソドンの戦槌でフルボッコにされたな〜。
いつも真ん中の順位でミスター普通と呼ばれるように(笑)。
新宿イエサブの大会で初めて勝ち越しの2位。
PWCでは4勝3敗と勝ち越したっけか。稲妻の天使大活躍だったのが印象的です。
そこから白鳥メインのデッキに移行し、どんどん勝率が下がったっけな(笑)。
とんだじゃじゃ馬、もとい、じゃじゃ鳥が入ってきたもんだと扱いに苦戦しました〜。

本当にこの一年楽しかった!!
私の愛したカード達、ありがとー!!

今日はバーボンの日になりそうです(笑)。

2008年9月15日月曜日

供養されるデッキ


何とか大会用のデッキが完成。
今度の狂戦士杯を最後にお別れとなります。
何が悲しいかって、白の優秀クリーチャーがガンガンスタンダード落ちするってことですよねえ。
セラの報復者が落ちるのがきっつい。
あいつがいたからマジック再開したのに、いなくなると大半のやる気がなくなるよ(笑)。
アラーラの断片に出てくる天使たちに期待しつつ、今度の大会でしっかり供養してきますわ。

<クリーチャー 24>
運命の大立者×4
サルタリーの僧侶×4
聖なる後光の騎士×4
セラの報復者×4
ブリン・アーゴルの白鳥×2
稲妻の天使×3
迎え火のしもべ×3
<ソーサリー 4>
炎渦竜巻×3
炎の突き×1
<インスタント 3>
糾弾×3
<エンチャント 4>
忘却の輪×4
<土地 23>
岩だらけの大草原×3
反射池×3
戦場の鍛冶場×3
トロウケアの敷石×1
宝石鉱山×2
秘境の門×2
鮮烈な岩山×3
鮮烈な草地×1
平地×6

<サイドボード>
紅蓮地獄×3
最下層民×3
フェアリーの忌み者×4
薄れ馬×3
爆裂/破綻×2

糾弾で鬼退治


orz
糾弾はいい。
何がいいかって軽い!!
相手のクリーチャーを除去しつつ、セラの報復者とかサルタリーの僧侶とか展開できるのが素晴らしい。
もともとクリーチャーデッキなんだから、場を制圧できたら勝てるわけで、ライフゲインされるなんて大したデメリットにはならない。
今まで外身の交換とか損ないを入れてたけど、こっちに切り替えみるかあ。
最近薄暮の大霊とか御身の化身とか、妙に優秀なデカ物が多いので重宝することでしょう。
あいつらにクソハン持たせて殴ってくる人は鬼ですよ。(笑)
ここはひとつ、鬼退治をしなければ!!

2008年9月4日木曜日

稲妻の天使の偉大さ


結局あれやこれや組み替えていましたがイマイチ。
しもべが出る前に決着がつくことが多く、機能するまでに時間がかかりすぎるのが難点。
クリーチャー展開しつつ、なおかつ防戦もできなければ間に合わない。
そこで活躍するのが警戒持ちクリーチャー。
攻撃しながら、かつ防御ができる。
セラの報復者のようなクリーチャーが貴重だという結論に。
結局回り回って、赤白青デッキに(笑)。
勝率がいいころのデッキというのは、知らず知らずのうちに防御面でも力を発揮していたんだな〜としみじみ感じました。
スタンダード落ちまであと一ヶ月弱。
最終戦は、夢屋の狂戦士杯になりそうです。
しっかり戦ってカードたちを供養してきます(笑)。