ブラウニーの気まぐれSHOPリンク



Mox Jetが110000円で買える!!

2010年1月31日日曜日

1ターンキルに憧れて。



1ターンキル。なんと甘美な響きでしょう。
数多のデッキビルダーたちが挑み、あるものは栄光を手にし、あるものは廃人となった(嘘)。
それが1ターンキル!!

一度でいいから、1ターンキルってものを体験したいですねえ。
この動画はそんな1ターンキルを楽しく表現した作品ですな(笑)。
とてもシュール。

2010年1月29日金曜日

ぬこ繋がりでスリーブもぬこ。





だいぶ前に発売されてるスリーブのようですな。
あみあみで販売してますが、「お一人様72個まで」っていう表示にちょっと笑った(笑)。
誰がそんなに買うよ。
「らき☆すた」か~、何もかも皆懐かしい~。
猫デッキを組みたいな~って人は是非(笑)。

2010年1月28日木曜日

ぬっこぬこにしてやんよ!!

ワールドウェイク万歳!!
なんかアニマル色が強いのがいいですねえ。
今回は猫で強いのが1匹でてきますねえ。

Loam Lion   (白) 1/1
クリーチャー ―猫(Cat)

Loam Lionは、あなたが森(Forest)をコントロールしている限り+1/+2の修整を受ける。

あれかな~。これは白緑で猫デッキを組めっていう神の啓示なのかな~。

現行スタンダードで使えそうな猫といえば、
「クァーサルの群れ魔道士」
「ステップのオオヤマネコ」
「野生のナカティル」
などなど、結構優秀なものがあるんですよね。
ナヤカラーで組んでみるのも面白いかもしれんですな。

今だ!!必殺、ネコパンチ!!
てめーら、ぬっこぬこにしてやんよ!!

2010年1月26日火曜日

モッフモフにしてやんよ!!

いやー、ワールドウェイクは私好みのエキスパンションと確信しました!!
本日画像付きスポイラーで出ていたカードがこれ。

狼茨の精霊 2緑緑 4/4
多重キッカー:緑(あなたはこの呪文を唱えるに際し、追加で緑を望む回数支払ってもよい。)
狼茨の精霊が戦場に出た時、それがキッカーされている1回につき、緑の2/2狼・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

5マナで4/4+狼1匹
6マナで4/4+狼2匹
もうこれはムツゴロウ王国を建国しなさいっていってるようなもんだよね?そうだよね?
てめーら、モッフモフにしてやんよ!!(笑)

2010年1月25日月曜日

余談:サムライカードゲーム





なんか面白いものないかな~って「あみあみ」の商品を物色してたんですが、良さげなゲームを発見。
明日、火曜日発売の「サムライカードゲーム」。
先ほど、Twitterで「名前だけ聞くと、クソゲーな臭いがプンプンするぜ。」っていうご意見もありましたが、説明を読んでみると、意外と楽しそう!!

自分が武士となり、村に影響を及ぼし、いろんなアイテムをゲットしていくゲーム。
兜とか、田畑や、仏像などなど。
農民や、僧侶、貴族の協力をいかに受けられるかがポイントとなるらしい。

うーむ、一度やってみたいなあ~。
いずれ「ゆったりゲーマーズ」で記事にしてみるとしよう。

2010年1月24日日曜日

ワールドウェイク、画像付きスポイラーが公開されてるね。



画像つきスポイラーが公式HPに出ていたので、わくわくしながら眺めておるブラウニーです。
やっぱり、画像を見て、はじめて使いたいカードがでてくるというもの。
イラストって大事です。

そんな画像つきスポイラーはこちら。
マジック:ザ・ギャザリング 日本語公式ウェブサイト
トップページから、リンクがあるので是非ご覧あれ。

・・・。天界の列柱がウサギのえさに見えるのは私だけ?(笑)



2010年1月23日土曜日

ムツゴロウ王国建国リベンジ!!

むか~しむかし、ローウィンブロックがスタンダードのころじゃった。
「レンの地の群れ使い」「狼骨のシャーマン」を使って、オオカミと共に、ムツゴロウ王国建国に挑んだ男がおったそうな。

私です(笑)。

まあ、企画倒れで実現しませんでしたが(笑)。
で、今回、またもやムツゴロウ王国を建国してね!っていうようなカードが、ワールドウェイクに登場するじゃありませんか。

獣性の脅威 3緑緑
ソーサリー
緑の1/1の蛇クリーチャー・トークン1体と、緑の2/2の狼クリーチャー・トークン1体と、緑の3/3の象クリーチャー・トークン1体を場に出す。

何か楽しい(笑)。
狼のイラストもなんかかわいいし。
あれかな~、これは緑白あたりで同盟者を組んで、「変わり樹のレインジャー」と共にモッフモフな獣だらけのムツゴロウ王国を建国しろっていう神の啓示なのかな~。

ああ、なんか楽しいな~。

モッフモフ~。
ちょっと楽しそうだから、あと2枚ほど今のうちに「変わり樹のレインジャー」を補充しておこうかな~。

2010年1月22日金曜日

新生白緑ビート

<クリーチャー 25>
貴族の教主×3
悪斬の天使×3
印章持ちの聖騎士×4
コーの空漁師×2
白蘭の騎士×2
クァーサルの群れ魔道士×4
エメリアの天使×4
聖遺の騎士×3
<エンチャント 4>
清浄の名誉×4
<アーティファクト 3>
荒原の境界石×3
<インスタント 6>
流刑への道×4
精霊への挑戦×2
<プレインズウォーカー 2>
遍歴の騎士、エルズペス×1
黄金のたてがみのアジャニ×1
<土地 20>
平地×7
森×4
霧深い雨林×2
乾燥大地×4
広漠なる変幻地×3

ちょいと土地のバランスを調整。
何気に広漠なる変幻地が使いやすいということが判明したので採用してみました。

トークンズを目指して構築していましたが、トークン増やすだけでは厳しそう。
白黒トークンズが強かったのは幽体の行列とか、苦花などがあったから。
現状では、トークンだけで構成するのは、いささか不安。
ということを言い訳にして、賛美を投入しました!!(笑)。
ただ、相手の場の状況に応じて、複数攻撃か単体攻撃を選べるのは心強かったりします。

賛美デッキの居場所がここにあると祈りながら、大会にでてみるとしよう。
あ~、でも、もうスタンダードの大会はワールドウェイク発売後じゃないとないかな~。
まあ、いいか。探してみよう。

2010年1月18日月曜日

いかに相手が除去を使いたい状況にさせるか。

せっかく出したフィニッシャーが除去で一発で墓地に送られるときの虚しさときたら・・・。
悪斬先生、華麗に登場、無残に散る。
こんな状況など日常茶飯事。
で、今までの自分なら、「いかにして悪斬先生を守るか」と考えて、不屈の随員とか、精霊への挑戦などをデッキに入れてきたわけです。

しかし、守るカードばっかり入れた結果、手札に守るカードばかり残って攻撃できないということもしばしば。
あまり入れすぎると、よくないようです。

そこで重要になるのが、今回のテーマ。
「いかに相手が除去を使いたい状況にさせるか」ということ。
悪斬先生が出てくる前に、相手が除去カードを使いきっていれば問題ないわけです。
その状況をどうやって作り上げるか。



例えば、こんなのはどうでしょう。
最近、緑白デッキ、バンドビートで活躍中の「聖遺の騎士」。
現在の環境ではフェッチランドがあるため、序盤から3/3、4/4くらいのサイズで登場し、それ以降もどんどんパワーアップしていきます。
「放っておいたらこいつの剛腕に殺されかねない、それ除去じゃ!!」
相手はこう考えるのではないでしょうか。
そうなればしめたもの。
序盤で除去を使ってくれれば、本命のフィニッシャーが出るころには除去が手札にない状況になるわけです。

デッキ構築をする際に、相手にとって脅威となるクリーチャーをいかに序盤にもってくるか。
ビート使いにはこれがものすごく重要だと最近考えています。
2ターン目に「長毛のソクター」や「ロウクスの戦修道士」がでてくれば、脅威だろうし、2ターン目から2/2サイズのクリーチャーが2体殴ってくればこれもまた脅威。
大会で結果を残しているデッキは、この「相手に除去を使わせる状況にする」ということをよく考えて構築されていますねえ。

さて、じゃあ賛美デッキはどうなるのだろうか?
対戦相手から感想を聞くと意外にも、4/4サイズで先制攻撃持ち、もしくは飛行持ちのクリーチャーが、がんがんせめてくるのは結構つらいというコメントをいただいております。
相手にとって脅威となる存在は少なからずデッキに入っているようです。
ただ、その脅威となるものが、あまりにも少ない。
まだまだ改善の余地はありそうです。

何か方向性が見えてきたなあ~。

生物になる土地が弱いわけない。

わたしが、生物になる土地をはじめて使ったのがウルザブロックの時代。
「樹上の村」とか「ギトゥの宿営地」など、優秀な土地が登場した時代ですなあ。
特に樹上の村は、ストンピィをはじめ、多くのデッキに投入され、万民に愛させるカードでした。
ちなみに能力はこんな感じ。

Treetop Village / 樹上の村
土地
樹上の村はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。
(1)(緑):樹上の村は、ターン終了時までトランプルを持つ緑の3/3の類人猿(Ape)クリーチャーになる。それは土地でもある。(それが、自身をブロックしているすべてのクリーチャーを破壊するのに十分な戦闘ダメージを与える場合、あなたはその残りのダメージを防御プレイヤーかプレインズウォーカーに与えてもよい。)

起動コストも安め、3/3トランプルという強さからも、人気の理由がうかがえます。

で、なんで生物になる土地が強いのか!
それは、カード一枚が全く無駄にならないからでしょうね。

例えば、戦い終盤、土地ばかり引いてしまって負けるってケースってありますよね。
マナっていうのは、呪文を唱えるために重要なんですが、必要以上に供給したところで、あまり意味をなさないものです。
故に土地とは「必要悪」と言っていいものです。
それを解決してくれるのが、この「生物になる土地」というわけです。
たとえ終盤に引いてきたとしても、クリーチャーとして立派に働いてくれる。
何役もこなしてくれるカードというものが優秀なカードってことですね。
うーむ、ビジネスにも通じる理論ですな(笑)。

今度2月発売のワールドウェイク。
今作にも、生物になる土地が登場するらしい。
スポイラーには、こんなカードが出ております。

Celestial Colonnade / 天界の列柱
土地 Worldwake レア
天界の列柱はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。
(3)(白)(青):ターン終了時まで、天界の列柱は飛行と警戒を持つ白であり青である4/4エのレメンタル(Elemental)クリーチャーになる。それは土地でもある。

2色でるランドで、生物能力つき。
これが弱いわけがない!!
ちょっと起動コストは重めですが、生物も強力。
4/4、飛行、警戒って・・・。
こりゃ~、高値が付きそうなカードですなあ。

他にも強力カードがたくさん出てきているので、売り切れが予想されますね。
自分も早速あみあみで予約をしておこう。

ワールドウェイク ブースター 日本語版 BOX

ワールドウェイク ブースター 英語版 BOX


一応リンク貼っときますね。
ご購入予定の人はご参考までに。

2010年1月17日日曜日

賛美デッキに盾を。

本日の大会の反省を活かしてデッキ構築。
戦の基本が大切だと思ったよ。多勢に無勢。
一匹一瞬に強くなったところで、相手の布陣がこちらを上回っておれば攻撃に転じられず、ジリ貧になるってことですな。
戦は数なのだよ!!

んで、とりあえずトークンの盾を構えて、空から賛美で強化したクリーチャーで殴ろうという結論に。
試作品を組んでみた。

<クリーチャー 23>
貴族の教主×3
悪斬の天使×3
印章持ちの聖騎士×4
コーの空漁師×2
白蘭の騎士×3
クァーサルの群れ魔道士×4
エメリアの天使×4
<エンチャント 4>
清浄の名誉×4
<アーティファクト 3>
荒原の境界石×3
<インスタント 8>
流刑への道×4
精霊への挑戦×2
砕土×2
<プレインズウォーカー 2>
遍歴の騎士、エルズペス×1
黄金のたてがみのアジャニ×1
<土地 20>
陽花弁の木立ち×2
平地×11
森×4
霧深い雨林×3

エメリアの天使様、がんばって!!(笑)。
ソリティアプレイでまわしてみると、意外とトークンがテンポよくでてくるので、なかなかいい感じ。
できれば、アジャニをあと一枚入れたいところではありますなあ。
あと、悪斬の天使よりは征服者の誓約を入れたいところですが、トークンばかりになりすぎても、逆に駄目。
アタッカーがいないと結局攻撃に転じられない。
バランスが重要ですな。

ちょっと試し切りが必要だな~。MWSで回してみるか。

ブライオーーーン!!何か道具だしてよ~。





仕方ないな~、ブラウニー君。

ゴソゴソ。









トークン製造機ーーーー!!

ブラウニー「こりゃ、なんだい?今世紀最大に笑えないジョークだぜ。」
ブライオン「賛美デッキは、もう潮時だ・・・。なにもマジックをやめろっていってるわけじゃない。ただデッキを変えろというだけだ。」
ブラウニー「おっちゃん、賛美デッキには、賛美デッキにはなあ、アクラサの従者がいて、印章持ちの聖騎士がいる。そして、あのブライオンが死んでいったデッキなんだよ。ちょっとくらいつらいからって、サヨナラできるかよ!」
ブライオン「俺は死んでねえ!!」

と、スタンダードの洗礼を浴びてきたブラウニーです(笑)。
本日の大会で0勝3敗。圧敗!!
いやー、参ったま参った。

正直、事故気味ってのもありましたが、パワーカード(エルズペス、悪斬の天使など)を引かないと勝てないという現実。
むしろパワーカードだけで勝ってるような感じのデッキ。
そんなデッキに明日はないということですな。
明日のジョー風にコントやっとる場合じゃねえ!!(笑)

とりあえず、一歩がデンプシーロールを生み出したがごとく、賛美デッキの必殺技を完成させて戻ってきます!!
待ってろよ!スタンダード!!

ちなみに今日の戦績詳細
1戦目:赤白上陸 ○××
2戦目:白単兵士ウィニー ×○×
3戦目:赤黒緑上陸 ×○×

お茶漬けスリーブ第2弾!!永谷園 梅干茶づけスリーブ発売。





キャラクタースリーブにもいろいろありますが、最近ブロッコリーが随分やんちゃなスリーブを作成してますよねえ。
以前、お茶漬けスリーブを発売して味をしめたのか、梅茶漬けスリーブまで作りやがりました(笑)。
もう何でもありな時代ですね。
そのうちカップヌードルスリーブとかでてきそう(笑)。
発売は3月のようです。
あみあみでは現在予約受付中。

2010年1月16日土曜日

明日は大会

愛媛県は大会が少なくて困りますなあ。
でも、明日は久々の大会!!
もうワクワクして眠れないな~。

よし、今からデッキを調整してシュミレーションしてみよう。
どんなデッキで行こうかな。
①白緑賛美ビート
②白緑トークンズ
③白緑t青賛美ビート
④白t赤黒ビート
⑤寝坊で不戦敗
⑥競馬でぼろ儲け
⑦パチンコでぼろ儲け

さーて、迷うなあ。

2010年1月15日金曜日

スリーブ、デッキケース選び

昔に比べると、カードサプライ用品がやたらと充実したもんですねえ。
スリーブ、デッキケース、カウンターetc.
今ではキャラクター絵柄のスリーブなんかも発売されておりますが、流石に使うのをためらうような商品もちらほら(笑)。
そこで、MTGプレイヤーにふさわしいカードサプライ用品を紹介してみることにしました。

○スリーブについて




この絵柄以外にも、白、緑、青、黒と、しっかり5色のスリーブが発売されます。
2月に発売予定。

スリーブのお勧めメーカーは「Ultra・PRO」。

MTGで使用するなら、公式サプライ用品があるので、それを利用するのがベストかと思われます。
公式の試合、ルール適応レベルが競技、もしくはプロの場合だと、イラストスリーブの使用が禁止されていたりしますが、Ultra・PROの公式サプライ用品は使用可能なようです。
公式大会に出場予定の方々は是非お気を付けください。


デッキケースについて



しっかり5色ありまっせ!
これも2月発売予定。

デッキケースはスリーブのように、大会で使用禁止などの制限がないので、なんでもいいんですが、これも公式サプライ用品が出ているので、それを使うのがいいんじゃないでしょうか。
コスト面を考えるなら、デッキケースは「やのまん」あたりのものを使用するのもいいかと。

「やのまん」のデッキケース



柄の好みやコスト面を考えて、自分に合うものを探すのがよいと思われます。
別にキャラスリーブでも人の目が気にならないのであれば使えばいいでしょうし(笑)。
自分としてはもっぱら、スリーブもデッキケースもUltra・PRO製ですなあ。

2010年1月13日水曜日

白緑トークンズってのも面白いかも。


トークンを出すカードって意外にいっぱいありますよねえ。
エメリアの天使、エルズペス、征服者の契約など。
しかしながら、トークンは1/1の状態で出てくるもんだから、清浄の名誉なんかで強化しないと弱い。
何かいいカードがないかな~ってリストを見ていたら、こいつの存在を思い出した。
こいつが場にいれば、実質1/1クリーチャーは3/3の状態で場に出てくるわけですわ。
エメリアの天使と組み合わせると鬼神のごとき強さですな~。土地出るたびに3/3飛行が出てくるって(笑)。
一昔前のスタンダードなら、白黒トークンズってのが流行ってましたが、これからの時代は白緑トークンズってのが流行るかも知れませんね。

2010年1月11日月曜日

エントリーセットはMTG入門に最適。






マジック:ザ・ギャザリング ワールドウェイク エントリーセット 英語版 5種アソートセット[Wizards of the Coast]《予約商品02月発売》


2月に発売のWORLD WAKEですが、しっかりエントリーセットも発売されます。
エントリーセットが発売され始めたのは、アラーラブロックから。
それ以前は構築済みデッキという形で発売されており、ウルザブロックより前、テンペストブロック以前は構築済みデッキすらなく、なかなか初心者が参入しづらい時代でした。
いやー、いい時代になったものだ。
ただ、初心者が参入しやすくなっているとはいえ、新規プレイヤーの獲得ができているかどうかといえば疑問なところではあります。

で、このエントリーセット。
構成としては40枚のデッキ+フォイルレア1枚+ブースターパック1個(15枚入り)。
すぐに対戦できる構成になってます。

以前までの構築済みデッキとの違いは、ブースターパックが入っていること。
ブースターパックがそのままサイドボードの役割をはたしてくれます。
(補足:サイドボードとは2戦目以降、交換できるカード。1デッキ15枚。)
デッキの中で役に立たないな~ってカードは、すぐに交換できるのは、うれしい限り。
サイドボードがどんなものか、デッキをカスタマイズする楽しさをこれ一つで体験してもらうことができるわけですね。

今からちょっとMTGをはじめてみようかなって人は是非お勧め。
まあ、MTGの猛者の方々にも、カード内容によってはお勧めの商品なんですけどね(笑)。
私的には、画像の左下の白クリーチャーがものすごく気になります。
獅子が翼をもって飛んでるように見える。かっこええ!!

2010年1月10日日曜日

賛美デッキの明日はどっちだ!



いかにして賛美ビートを強くしよう。
考えども、全盛期はとうに超えてしまった感じがあり、やる気が出ません。
自分の中で、賛美デッキ全盛期は、ゼンディカー発売前、つまりローウィンブロックがまだスタンダードだったころです。
日記にも書いたことがありますが、そう、賛美ボロスの時代です。
その頃は、わたくし十八番の必殺技があったんです。
賛美で強化したクリーチャーに魂の火+ブライオンの投げとばし。
賛美ボロスを使っていたときは、「一発当たれば奇跡が起こる一歩のパンチ」を内蔵したデッキだと信じて、楽しく戦えたもんでした。

この賛美ボロスが誕生したのは、赤白が冬の時代、決して好んで使われるようなデッキではありませんでした。
そんな時代に生まれた賛美ボロスだからこそ、愛着もあったわけです。
ゼンディカー発売と同時に、ブライオンのスタンダード引退。
今では赤白といえば上陸ボロス。
すっかりその地位を奪われた感じです。
その頃から、賛美デッキは衰退の一途をたどっています。

現在、賛美デッキで戦える形は、どちらかというと白緑。
パワーカード満載な分、勝ち越せるデッキには成長してきていますが、以前の派手さ、ロマンがなく、どことなく寂しいデッキになってしまいました。

必殺技がほしいな~。

「流刑への道」は破滅への道

日曜マジックザギャザリング(mixiのコミュニティ)のメンバーとの会話。

T氏「最近スタンダードの環境だと、メインに入れてる流刑への道が、2戦目以降サイドアウトになることが多いんだ。」
ブラウニー「なんで?」
T氏「ジャンド相手だと土地増やしたら厄介だし、5色コントロールだとクリーチャーあんまいないし、ターボフォグ系ならなおさら意味ないし・・・。吸血鬼デッキでも使うのをためらうくらいだ。未達への旅とか天界の粛清とかに変えることが多かったなあ。」
ブラウニー「だったら、メインに未達への旅入れたんでよくね?」
T氏「あり得る(笑)。」

今でも人気のある「流刑への道」ですが、メタ的に使いづらいという意見もでてきているみたいです。
確かにジャンド相手だと、相手に土地をプレゼントするのは自殺行為。
殺してくれと相手に刃物を差し出すようなもんである。(こんな表現がアカギにあったはずw)
だったら「未達への旅」に変えてもいいのかなとも思いますが、ジャンドには「大渦の脈動」が入っているので、容易に破壊されそうな感じもします。
「流刑への道」の1マナでインスタントっていうメリットも捨てがたいし、どうしたものか。

是非、MTG猛者の方々から意見を募りたい。

2010年1月7日木曜日

整理整頓



いやー、未整理のまま放置してたレアをファイルに整理してみたんですが、見やすい見やすい。
トレードする時なんか、ファイル見せるだけでいいってのは楽ですよねえ。
整理整頓は計画的に。

しかし、こうやってみると、ほとんどカードを使えていない(笑)。
日の目をみないままスタンダードシーンを去っていくカードもかなりあるわけで、何かやっぱりもったいない気がしますよねえ。
カードのご購入も計画的に(笑)。

カード収納用ファイル

ジャンド対策!!



いやー、正月休みも今日で最終日。
ついつい食べちゃうもんだから、体重が2キロも増えちゃったブラウニーです。

まあ、それはいいとして、最近のスタンダードで猛威をふるっているジャンド。
見渡す限りジャンド。なんでこんなにジャンド?
ってことで、ジャンドの弱点を調べてみることに。
いろいろネット上に載ってましたが、一番の弱点はマナ基盤でしょうか。
本気で動けるようになるには4マナ以上必要なデッキなので、速攻で相手を殺せば問題ないらしい。
そういうわけで、赤白上陸デッキがジャンドには強いって噂もちらほら。

・・・。もう赤単バーンでいいんじゃね?(笑)。

コーデッキが意外に熱い!!

MWSにて、4時間ほどマジックをプレイ。
いろんなデッキを試してみてたんですが、コーデッキの一撃必殺力がすごすぎました(笑)。
どんな状況になってたかというと、次の通り。

征服者の誓約でコートークン6体+武装の達人が場にいる状態。
猛火の松明、信頼おける山刀が場に出ており、その2つを武装の達人に装備。
・・・。あれ?5/5クリーチャー6体が殴って瞬殺できたんだけど?

まともに組めば強いデッキになるんじゃなかろうか?

2010年1月6日水曜日

4コマ漫画にチャレンジ!!



うん、画力がないのは分かってるんだ。
でも、文章だけで表現すると分かりづらいからイラストで表現したいんだ。
小動物で表現すれば、画力がなくても許される気がするんだ(笑)。

これを、ピーターラビット風に仕上げました、なんていったら、あの世でビアトリクス・ポターさんがだいぶおかんむりなご様子になりそうなので、黙っておこう(笑)。

しかし、わざわざ愛媛から東京にでてきたというのに、久々の大会が不戦敗に終わるとは悲しい限り・・・。
あれなのか、勝負は戦う前から始まっているのか!!
先生・・・。マジックが・・・したいです・・・。

イラストかける人がうらやましい。



さて、次回のゆったりゲーマーズから挿絵つきを目指すべく、久々にお絵かきをしてみました。
上が極楽鳥がマナを出す図。
下がダイスロールの図。(人間が描けないので、小動物でカバー)

・・・。助けてください!!(笑)

2010年1月5日火曜日

レアはシングル買い、コモン・アンコモンはコンパクトブースターで。




マジック:ザ・ギャザリング ワールドウェイク コンパクトブースター 日本語版 BOX[Wizards of the Coast]《予約商品02月発売》

どの道、デッキを組もうとすればレアをシングルで買うことになりますよね~。
で、結局使わないレアがでてきて、スタンダード落ちするまで日の目をみないカードがファイルにどっさり・・・。
BOX開けるわくわく感はあっても、なんか無駄だな~って感じる今日この頃。
コモン・アンコモンをそろえるなら、コンパクトブースターでそろえるのもいいんじゃないかなって思いました。
うまくいけば、コンパクトブースター2BOX=6600円くらいで使うカードはそろえられるんじゃないかと。
うーむ、今回はコンパクトブースターでいくのも悪くないな。

今からマジックをはじめようって人は絶対コンパクトブースターはお勧め。
毎パック土地が入ってるから、基本地形はそろえやすいです。
昔は基本地形そろえるのも大変な時代だったのになあ~。

リンク追加

新たにリンクを追加しました。M:TG Blog(ゆゆ様)
レガシー、ヴィンテージなどなど、スタンダードだけでなく、いろんなフォーマットのデッキが紹介されています。
私も楽しく拝見させていただいてるサイトです。
是非、ご覧ください。

日曜マジックのメンバーにはもってこいのサイトかも(笑)。
最近レガシーユーザーが増えております故に。

2010年1月4日月曜日

ゆったりゲーマーズ第10話 不毛な戦い(中編)

幸子は渡されたデッキをチェックした。
幸子「なんか緑ばっかりね。」
遊太「初心者はまず緑からってのが定番でね。」
幸子「ふーん、なんでまた緑なのさ?」
遊太「一番の理由は扱いやすさだね。呪文を使うときに必要なものって何か覚えてる?」
幸子「マナ?」
遊太「そう、緑はこのマナの扱いが一番上手な色なんだ。代表的なカードには、こういうのがある。」
そういうと、遊太は3枚のカードを並べた。



幸子「あ、なんかこの鳥はいい面構えだね。」
遊太「お客さん、さすがお目が高い。これはハイソな方々に大変人気のある極楽鳥にございます。」
幸子「越後屋、おぬしも悪よのう、って悪ノリはこのくらいにして、どんなカードなの?」
遊太「コホン、このカードの最大の特徴は、土地でないのにマナを生み出せる点なんだ。」
幸子「ああ、土地以外にもマナを生み出せるカードがあるのね。ただ、それって何かメリットがあるの?」
遊太「土地は毎ターン1枚しか場に出すことはできない。そのため、マナコストの高い強力なカードを使おうとすれば、数ターンかかる計算になるのは分かるかな?」
幸子「例えばこのデッキに入ってる超大なベイロスなんかだと、7ターンかかるってことだよね?」
遊太「飲み込みが速いね。その通り。ただ、土地以外からマナが出せればどうだろう。例えば、この極楽鳥が1ターン目に出ていれば、2ターン目には土地2枚、極楽鳥より3マナ出るわけだ。」
幸子「あ~、なるほど、こういうのを場に出していけば7ターン待たなくても、速攻でベイロスが出せるようになるわけね。」
遊太「そういうこと。緑はこういうマナ加速が本当に得意な色なんだよ。今回はマナ加速用としてラノワールのエルフと、不屈な自然の2種類を入れてるから、どんどん利用して、強力カードをガンガン使えるようにしよう。」
幸子「あれ?この鳥は入ってないね。」
幸子はデッキを確認しながら遊太に尋ねた。
遊太「ああ、この極楽鳥は多色デッキによく用いられるけど、今回のように、緑一色の場合はラノワールのエルフを使う場合が多いんだよ。」
幸子「マナをどんどん出したほうがいいなら両方4枚いれればよくね?」
遊太「まあ、そこはバランスだね。いかにマナがでても手札に強力なカードがなければ大量マナの意味がないからね。過ぎたるは及ばざるがごとしってね。」
幸子「ふーん、なるほどね。」
そんなやりとりを、じーっと春花が傍観中。
幸子「あ、ごめんね春花ちゃん。待たせちゃって。」
その視線に気づいた幸子。
春花「いえいえ、気にしないでください。ちょっとびっくりしちゃってて。」
幸子「え?何が?」
春花「お兄ちゃんって、高校卒業するまでは、女の人の前では緊張しちゃって全然話せなかったのになって思って。大学に入って随分変わった。」
遊太「春花、余計なことを話すな~。」
幸子「へ~、遊太にもそんな時代があったんだねえ~。」
幸子はニヤニヤしながら遊太に視線を送った。
幸子「でも、春花ちゃん、特定の女の子には緊張して話せなくなることはまだあるみたいよ。例えば駅前の花屋さんに勤めてる陽」
遊太「あわわわわ、幸子さん、そろそろ始めようよ。今日はそのために来てもらったわけだしさ。」
春花「え?何、何?花屋さんの誰?」
春花は興味津津、なんかうれしそうである。
幸子「春花ちゃん、お楽しみはゲームの後にとっておこうか(笑)。あとでいろいろ教えてあげるわ。」
春花「えー、すごい気になる~。幸子さん、後で絶対教えてくださいよ。」
遊太「はいはい、楽しいゲームの時間だよ~。幸子さん、春花、準備して~。」
遊太は完全に動揺中。
幸子「あんた、そんなことで私のセコンドがつとまるの?」

まずは先攻後攻をきめるためにダイスをふる。
使用したのは6面ダイス2つ。合計値の高いほうが先攻後攻を選べます。
幸子:9 春花:5
幸子は先攻を選択。

幸子「遊太、本当に先攻が有利なのか?」
遊太「まあ、流れ次第だけど、大抵の場合は先攻が有利だよ。普通にやったら、絶対先攻のほうが有利だから、先攻者は最初のドローフェイズでカードを引けないってハンデはあるけどね。」
幸子「何か全然有利な感じはしないけど、まあいいか。」

幸子、春花は7枚カードを引いた。
幸子の手札はこんな感じ。
森×3
ラノワールのエルフ×1
ケンタウルスの狩猟者×1
大蜘蛛×1
樫変化×1

遊太「お、なかなかいい感じの手札だね。土地も十分にあるし、期待できそうだ。」
幸子「ふ~ん。さっき言ってたエルフもいるし、マナは大丈夫そうね。」
春花「こっちもOKで~す。」
遊太「じゃあ、幸子さん、スタートしようか。」
幸子「えーっとまずは開始フェイズね。アンタップは何もなし?」
遊太「一番最初のターンは特に意味はないね。どんどん、進めよう。」
幸子「アップキープもなし。ドローもなし。」
遊太「そうそう。で、メインフェイズに入ったね。まずは土地を出そうか。マナがないと何もできないからね。」
幸子「了解。まず森をだしてっと。とりあえずこのターンは1マナまでの呪文なら使えるのよね?」
遊太「そうそう。今使えるのはラノワールのエルフだけだね。次のターンには3マナだせるようになるから、どんどんクリーチャーを展開していこう。」
幸子「よし、森からマナをだそう。どうやってマナだすの?」
遊太「カードを90度横にしよう。これをタップっていうんだけど、カードを使いましたっていう目印みたいなもんだね。」
幸子は森をタップし、緑マナを1つだす。ラノワールのエルフ召喚!!
幸子「よしよし、うまくできた。で、メインにできることは終わりかな。戦闘フェイズに入るけど、ラノワールのエルフって攻撃できる?」
遊太「残念ながら、出したそのターンに攻撃することはできないんだ。召喚酔いってやつでね。急に呼び出されるとクリーチャーもパニックになるわけさ。攻撃したり、マナが出せるようになるのは次のターンからだね。」
幸子「なるほどね~。じゃあ、戦闘後のメインフェイズ。特にやることもないから最終フェイズ。序盤ってやること少ないね。」
遊太「まあ、これからが本番だよ。で、自分のターンを終了する場合は、相手にそれを伝えよう。エンドです、とか、終わりです、って伝えるのが一般的。」
幸子「春花ちゃん、私のターンは終了よ~。」
春花「わかりました~。では私のターンに入りますね。」

<あとがき>
今回はここまで。
前置きが長すぎてなかなか対戦に入れないのがブラウニークオリティー(笑)。
後編からは主に対戦風景を書いていけるかと思います。
さすがに文字だけでは分かりづらいので、次回からは図を用いて分かりやすくご説明できればと考えています。
乞うご期待!!

2010年1月3日日曜日

不戦敗ってどんな味?

無味!!味気なさすぎるわ!!
わざわざ愛媛から出向いてきて抽選漏れとはどういうことだ!!(笑)。
えー、見事に大会は定員オーバー、抽選漏れになったブラウニーです・・・。
今年一年のMTG運勢を占う大事な一戦だったのになあ。

今年の運勢は「凶!!」(狂戦士杯だけに・・・。)

まあ、そんなわけで、悪斬先生の出番は次回にお預け!!

で、久しぶりに日曜マジックのメンバーと会い、久々にセットランド。
「ニッサフレア」とか「ヴァラクートデッキ」とか、普段あまり対戦したことのないタイプのデッキと対戦できたのは収穫じゃった。
対戦時に気付いた、「精霊への挑戦」はくそ強いと。


自分のクリーチャー全てが1色のプロテクションを得るってのが極悪すぎる。
毎回これを構えてプレイングしてたので、除去という除去を全て回避。
ニッサフレアに入ってる「精神の制御」からもクリーチャーを守れて、ヴァラクートの「包囲攻撃の司令官」の火力も回避できる。やっほーい!!
白デッキにはお勧めに一枚ですなあ。

・・・。あー、大会出たかったな~。

2月にマナバーン発行予定。

マジック:ザ・ギャザリング超攻略!マナバーン2010(書籍)[ホビージャパン]《予約商品02月発売》

あみあみにリンクしてあります。

一時期にくらべると、専門誌が定期的に出始めたのはうれしい限り。
なかなか内容も詰まっていて、読んで面白い、ためになる雑誌です。
年に数回しか発行されないので、1500円って値段もそんなに気にならない。
逆に毎月でるよりはいいんじゃなかろうか。

もうひとつ欲を言えば、MTGの漫画も連載してほしいな~って思います。
電撃マ王でもMTG漫画が連載されるらしいし、そろそろ第2次MTGブームがきてもいいんじゃないかな~って(笑)。
その時に備えて、専門誌も是非漫画に力を入れて頂きたいですな~。

今年の国内グランプリは、横浜と仙台。

昨年は新潟も、北九州も参加できませんでした。
今年は是非ともグランプリに参加したいところ。
しかし、横浜はエクステンデッド。
スタンダードメインの私にはちょっと荷が重い。
となると、やはりスタンダードで行われる、仙台だろうか。
6月かあ~。それまでにおもいっきり準備しとかないとなあ・・・。

んで、どうせならいい宿に泊まって、夜はゆったり過ごしたいな~って思ったり(笑)。
たぶん会場は仙台駅の近くになるんだろうし、その付近でいい宿はないものか。
「じゃらん」で調べてみると、良さげな旅館は結構遠かったり・・・。
まあ、よくよく考えれば、グランプリ終わってチェックインするわけだし、ある程度融通がきくホテルとかのほうが使いやすいですよね。

んで、そのなかでもなかなか良さそうなのが、「天然温泉 青葉の湯 ドーミーイン仙台ANNEX」。
何がいいかって、仙台駅から徒歩6分という立地と温泉の雰囲気の良さでしょうな。
やはり交通のアクセスは大切。疲れた後で、宿まで時間かかってたら、次の日クタクタになって勝負にならんですぜ。
温泉は、モダンな雰囲気と記載されていますが、なかなか良いつくりです。
しかも、夜通し入れるらしく、遅めにチェックインする身としては、ありがたい限り。
もし予約するとすればこの宿だろうなあ。

ただ一つ難点なのが、部屋にインターネットは完備されてるようですが、接続が有料って書いてるところ。
どのくらいかかるかにもよりますが、ネットくらい無料にしてくれないものか・・・。
なかなかパーフェクトな宿を探すのも大変じゃのう。

って、色々考えるのが楽しくて仕方がない(笑)。
今年はいろんな場所に放浪したいな~。




【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

2010年1月2日土曜日

悪・即・斬の精神。


皆が「悪斬の天使が強い」っていうもんだから、MWSにて性能を確認してみた。
MWS=Magic Work Station:ネット上で友人とマジックがプレイできるソフト。
対戦相手は、mixiのコミュニティ「日曜マジックザギャザリング」参加者のたいきゅーさん。

いやー、除去されなければ勝ちっていう、驚異の性能。
5マナ、5/5というサイズ、飛行というだけでもなかなかのものなのに、ライフリンク、先制攻撃まで付いているっていうのは正直やりすぎな感じがしますなあ(笑)。
まあ、何はともあれ、味方にすると心強い存在ですな。

で、組みなおしたのがこれ。

<クリーチャー 23>
アクラサの従者×2
悪斬の天使×3
印章持ちの聖騎士×4
コーの飛空士×4
白蘭の騎士×3
クァーサルの群れ魔道士×4
不屈の随員×3
<エンチャント 4>
清浄の名誉×4
<アーティファクト 6>
ビヒモスの大鎚×2
荒原の境界石×4
<インスタント 7>
流刑への道×4
精霊への挑戦×3
<プレインズウォーカー 2>
遍歴の騎士、エルズペス×2
<土地 18>
陽花弁の木立ち×3
平地×12
森×3

とにかくクリーチャーを守って殴るデッキに。
不屈の随員とか、精霊への挑戦などは非常に優秀なサポートカードですな。
この2枚のカードでクリーチャーを守りつつひたすら殴る。
コンセプトは単純。
どこまで大会で通用するかは見ものですなあ。

2010年1月1日金曜日

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

当サイトも、運営2周年を迎えました。
放浪記と題して進めてきましたが、一向に放浪の気配なし(笑)。
ただ、今年は一味違いまっせ!
新年は松山から東京に場所を移して迎えております。
大会もないかな~っておもってたら、4日にホビーステーションで大会もあるらしく、参加予定。
今年はとことん放浪するぞ~。

今年最初のMTGの出来事。
パチンコで年末5万くらい儲かってたので、悪斬の天使を3枚購入(笑)。
賛美デッキを強化しましたとさ。